トイレつまりと配管メンテナンスについて

トイレつまりの原因として、給水管などの配管トラブルがあります。ペーパーの流し過ぎなどは法人店レベルで対応することも可能ですが、給水管トラブルの場合は地面の中などに管が埋設されているので、確認をする際相応に手間がかかります。大がかりになれば自分で修理をすることは難しく、専門業者に依頼する流れとなります。

■配管のつまりが生じる原因と対策

トイレの配管は、給水管と排水管の2種類あります。給水管のつまりは、錆が原因となっていることも考えられます。特に一昔前の建物を使用している場合、鉄などの金属で配管ができている分、錆が発生しやすくなっています。汚れが蓄積されてつまりを引き起こしてしまい、トラブルになりかねません。また、糞尿や異物を流した際の油汚れが蓄積された場合に、つまりを引き起こすことがあります。接着剤で配管を繋げていて、剥がれや施工が雑だった場合もトイレトラブルの原因となります。
対処にあたり専門の洗浄剤を用いて、50度ほどのぬるま湯で流し続けることで軽度の場合は修理をすることが可能です。

■小さなことからの予防策

法人店の場合は、お客さんに注意喚起をすることも必要ですが、より的確につまりや配管トラブルを防ぐための方法があります。
近年では温水洗浄便座や節水機能の高いトイレ機器が普及しています。ペーパーの使用量が減って、配管も塩化系であるため配管トラブルが起きにくくなっています。さらにトラブルを防ぐためには、ペーパーをシングルタイプにすると良いでしょう。水に溶けやすく流れも良いため、つまりが生じにくくなります。
トイレをきれいに見せるために小物を設置している店舗もありますが、落下などによりつまりの原因となることもあります。特に小さな子どもが使用する可能性があると、いたずらで流してしまうケースも発生します。あらかじめ小物を置かないようにすることも、対策の一つとなります。
排便をしてから水を流して、その後ペーパーで処理したものを流している方もいますが、これもつまりを防ぐ小さなポイントです。

■まとめ
法人店では多くの方がトイレを利用しますから、つまりも相応に起こる可能性があります。特に古い建物の場合は、配管の錆や接着剤の剥がれなども原因の一つとなります。法人店舗レベルでも、可能な範囲でトラブルを予防できる対策方法があります。快適な使用をしてもらうためにも、トイレ環境や設備を見直すことから始めてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ